[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

英国最高のドライビングロード4選 思い出はクルマとともに 景色も重要

2019.01.19

100字サマリー

英国版AUTOCARロードテスター4名がお勧めする英国最高のドライビングロードを巡るツアーです。都市部ではもはや思い切りクルマを走らせることなど難しいいま、ドライビングの楽しみを味わうには週末旅行に出る必要があるようです。皆さんのお気に入りはどこでしょうか?

もくじ

すべては努力次第
出発は午前4時 一路スコットランドへ
絶景も魅力
ジャンプの思い出
素晴らしいドライビングロード
ドライビングへの情熱
番外編1:グッドウィンの欧州最高の道
番外編2:テスターお勧めの道

すべては努力次第

ドライビングの楽しみやその情熱を伝えようにも、そう簡単にスリルを味わうことはできなくなってしまった。

自宅のあるイングランド南西部では、どんなクルマに乗ってもドライビングを楽しむことなど不可能だろう。近くへ移動するにも時間がかかり、例え渋滞が無かったとしても、混雑した道では追い越しもできず、速度制限や速度監視カメラにも注意する必要がある。渋滞に巻き込まれたら観念するしかないのだ。

だが、わたしは決して諦めない。ほんの少しアプローチを変えれば良いだけだ。2019年の現在、本当にドライビングを楽しもうと思えば努力が必要であり、つまり、昔家族で週末のドライブに出掛けたように、遠出をすれば良いのだ。

わたしと同じような場所に住んでいるのであれば、素晴らしいドライビングロードを見つけ出すには骨が折れるかも知れないが、一旦そうした場所に辿り着くことができれば、その努力も十分に報われる。

それを証明すべく、今回は英国版AUTOCARが誇るロードテスター4人に、それぞれのお気に入りの道を挙げてもらい、実際にそこに行ってみることにした。


アンドリュー・フランケルとダン・プロッサー、マット・プライアー、リチャード・ブレムナーの4人がいまも記憶に残る道を挙げてくれたが、その記憶とは往々にして忘れられないクルマとのセットだろう。

今回はどんなクルマを選ぶべきだろう。決してスーパーカーではない。マクラーレン720Sやフェラーリ488GTBといったモデルは速すぎてストレスが溜まるだけでなく、その大柄なボディはこうしたツアーには相応しくないのだ。

個人的なファーストチョイスはアルピーヌA110だったが、少なくともカメラマンのリュック・レーシーと彼の機材を積み込む必要があったので、このクルマは現実的な選択ではなかった。だから、フォード・フィエスタSTで向かうことにしたのだが、これは決して堅実さをアピールしたいなどという理由から選んだわけではない。

フランスでの発表会で初めて運転した時から素晴らしいモデルであることは分かっており、完ぺきな選択だと思ったからだ。

 
最新海外ニュース