海外ニュース

2019.01.24

マセラティは復活できる? 最大の問題は新型車の欠如 中国/WLTPも逆風

編集部より

マセラティは、いま、苦境といっていいでしょう。、高級スポーツカー・メーカーとして戦略の転換を求められています。中国市場/WLTPも逆風。さらに最大の問題は新型車の欠如です。アルファ・ロメオとの棲み分けなど、今後の展開に期待です。

もくじ

マセとアルファ わかったふたつのこと
問題の根底にあるのは新型車の欠如

マセとアルファ わかったふたつのこと

新たにファット・クライスラー・オートモービルズのCEOに就任したマイケル・マンレイは、マセラティとアルファ・ロメオを組織的に組み合わせたことは間違いだったと認め、これによりマセラティは「ほとんど大衆市場向けブランドのように扱われてしまった」と述べた。

販売と利益が失速しているマセラティは、高級スポーツカー・メーカーとして戦略の転換を求められている。

マンレイは、2008年から2016年までマセラティのトップを務めていたドイツ人のハラルド・ウェスターを元の地位に戻し、新しいマネージメント・チームの設置と計画の修正を命じた。

ウェスターは既にフェラーリからジャン=フィリップ・ルルーを引き抜き、マセラティ・コマーシャルという新部門を任せている。マセラティ・ノース・アメリカの新社長も任命された。

マセラティに追加投資が行われるかどうかについてはまだ発表はない。昨年の投資者向け説明会で、マンレイは「後になってわかったことですが、われわれがマセラティとアルファ・ロメオを一緒にしたことでふたつのことが引き起こされました」という。

「ひとつはマセラティというブランドへの集中が弱まったこと。もうひとつはマセラティがその期間、ほとんど大衆向けのブランドのような扱いを受けたことです」

「マセラティはそんなブランドではないし、そんな扱いを受けるべきではありません」。マンレイはこの新しい計画に続き、「第4四半期にわれわれはさらに行動を起こす」と付け加えた。

「この分野の問題を解決するには少なくとも半年を要するでしょう。しかし、ハラルドと彼のチームが2019年の下半期に始まる著しい進歩を実現してくれるものと期待しています」

next page問題の根底にあるのは新型車の欠如

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ