ニュース

2019.05.21

プジョー3008、3列7人乗りSUVの5008 日本仕様が、改良型エンジン/8速ATに

編集部より

7人乗りSUVを検討中の方に、ニュースです。プジョー5008が、改良型エンジン/8速ATを搭載しました。人気のプジョー3008も同じ改良を適用。

ハイレスポンス、スムースな吹け上がり

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー・ブランドのSUV、3008と5008に、改良型ガソリンエンジンと電子制御8速オートマティック・トランスミッションを搭載し、「3008アリュール」「3008 GTライン」「5008アリュール」として設定した。

これにより3008と5008は、全車8速化したことになる。

3008は、新世代SUVとして2017年3月のデビュー以来、日本国内のプジョーの販売を牽引する存在。都会的なスタイリング、パワフルかつ省燃費な走り、各種先進安全装備の搭載と、乗り心地の良さで評価されている。

また、3列シート7人乗りSUVである5008は、ミニバンに変わる新たな選択肢としてマーケットの注目を得ている。

両SUVはプジョーの日本市場においてもっとも販売比率の高いモデルで、2018年実績では3008が25%、5008が19%を占めている。

今回発売される3008と5008に搭載されるエンジンは、1.6ℓピュアテック・ガソリンエンジンを改良し欧州新排ガス規制Euro6.2に対応したもの。ガソリン微粒子フィルターを採用し排出ガスのクリーン化、フリクションの低減、そして電子制御ウエストゲートバルブを採用し、高効率化とハイレスポンス、スムースな吹け上がりを実現した。

電子制御8速オートマティックEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発のもので、3種のドライブモードを選択可能。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。

・エコモード:エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献
・通常モード:シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートの最適化
・スポーツモード:シフトアップポイント高速化、レスポンス向上、操舵フィール変更

両SUVの価格・スペックとパッケージ・オプションについても確認しておこう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ