BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.06.25

実車 BMW M8コンペティション 新型8シリーズに、Mのフラッグシップ 内装/価格

編集部より

「BMW M8コンペティション」が、日本で展示されました。会場から40枚の実車写真が届きました。日本価格の情報とあわせてご紹介しましょう。

text & photo: Hiroyuki Kondo(近藤浩之)

0-100km/h加速、3.2秒

BMWは、Mのフラッグシップ・モデルとなるM8を日本で公開し、受注を開始した。ここでは、内覧会場に展示された「M8コンペティション」の実車を写真をご紹介しよう。

サーキットでの本格的な走行までもが想定されたこのM8、搭載されるエンジンは4395ccのV8 Mツインパワー・ターボエンジンとなり、最高出力600ps、最大トルク76.5kg-mを発揮。コンペティション・モデルではピークパワーが625psに達する。

このパワーを路面に伝える駆動系は、8速Mステップトロニック・トランスミッションとインテリジェント4輪駆動システム「M xドライブ」の組み合わせとなる。M8ならではのチューニングとして、M xドライブはDSCの介入が極端な状況のみに限定されているという。

600psオーバーのパワーを受け止めるブレーキには、新にM専用インテグレーテッド・ブレーキ・システムを採用。制動力の確保とともに約2kgの軽量化が図られ、快適性を重視したコンフォートと、素早い反応を重視したスポーツモードの設定を用意。モードにより減速時のペダルの踏み込み量が変更可能となっている。これまでもMには、エンジン・レスポンス、サスペンションなどの特性が設定可能となっていたが、これにブレーキの設定変更機能が加わったというわけだ。

また、Mモード・ボタンが追加され、全ての運転支援システムが有効になる「ROAD」と、任意に設定した情報に基づき前車接近警告、衝突回避・被害軽減ブレーキを除くブレーキやステアリングシステムへの介入を無効にできる「SPORT」モードが設定可能となっている。

ダブルバーのキドニーグリルやレザーを多用したインテリアなどMの象徴的なディテールが与えられるM8だが、「コンペティション」ではさらに、ハイグロス・ブラックのキドニーグリル、リアスポイラーなどの装備の他、前述のMモード・ボタンに、運転支援システムの快適性能と安全性に関するすべての機能が無効になる「TRACK」モードが設定可能となっている。

M8の日本価格(消費税10%込)は下記の通りとなっている。納車は12月以降を予定している。

BMW M8:2230万円
BMW M8コンペティション:2433万円

全長×全幅×全高:4867×1907×1362mm
ホイールベース:2827mm
車両重量:1885kg
エンジン:4395ccV8ターボ
最高出力:625ps/6000rpm
最大トルク:76.5kg-m/1800-5800rpm

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ