[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ロータス・エヴァイヤ 2000ps級電動ハイパーカーへ 内装/スペック/価格

2019.07.17

100字サマリー

ロータスが、来年発売予定のEVハイパーカー「エヴァイヤ」を発表。2000ps級になると言われ、市販車としては世界で最もパワフルに。価格は3億円に迫り、130台のみが生産される予定です。

もくじ

2000ps級で世界最強に 画像20枚
シンプルかつ空力追求
ロータスらしい軽量さ重視
ゆとりある室内空間
番外編:エヴァイヤが対峙するライバルたち

2000ps級で世界最強に 画像20枚

ロータスは「世界で最もパワフルな市販車」と呼ぶ電動ハイパーカーを発表した。来年登場すれば2000ps以上になると言われ、1914psのピニンファリーナ・バッティスタやリマックC_Two、それに内燃機関で1500psを発生するブガッティ・シロンなどを上回る。

204万ポンド(2億7500万円)の値札がつけられ、生産台数は130台以下とのことだ。「目標スペック」として掲げられている内容は、4WD、173.4kg-mの最大トルクおよびトルクベクタリングなどが含まれる。そして0-100km/h加速は3秒以下、0-300km/h加速は9秒以下で、最高速度は320km/h超となる。

生産枠の確保のためには25万ポンド(3377万円)のデポジットが必要だが、キャンセル時には返金されるとのことだ。

エヴァイヤはロータスがジーリーホールディング傘下に入ってから初めての新型車だ。ノーフォーク州ヘセルの拠点で生産され、「ロータスのラインナップの頂点に立つとともに、今後のロータス車のパフォーマンスを象徴する」とのことだ。

今回の明らかになった姿はあくまでもショーモデルだが、ロータスのデザイン・ディレクターであるラッセル・カーはAUTOCARに対し、「このままの姿で市販化します。表面も市販化レベルに仕上がっています」と語っている。

 
最新海外ニュース