独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 5〜1位 後編

公開 : 2019.09.08 20:50

今回だけはジャーナリストのルールを無視して、英国版Autocar編集部が独断と偏見で選んだいま英国で購入することの出来る新車ベスト50台をご紹介します。ランクインした多くが納得のモデルであり、最後に残った5台にもご賛同頂けるのではないでしょうか。いよいよトップ5の発表です。

もくじ

パワーよりもフィール
順位を発表
絶対王者
トップ5のスペック

パワーよりもフィール

だが、それだけの甲斐はあるだろう。多くの点で、このクルマはA110をはるかにスケールアップしたモデルのように感じられる。

その驚異的なペースは、もはやLTにとって速さなど問題ではないと感じさせ、このクルマがより重視するドライビングのもたらす興奮と自動車における究極の経験にとっては、エンジンパワーよりもはるかにステアリングのフィールが重要であることが理解できる。

600LTの世界に没入することでドライバーの桃源郷を見つけ出すことができた。
600LTの世界に没入することでドライバーの桃源郷を見つけ出すことができた。

これは本物のクルマ好きのためのモデルであり、サーキットでもっとも簡単に楽しめるモデルである一方、今回われわれが選んだ舞台であるウェールズのワインディングでも、決してその輝きを失うことはなかった。

その性能に対してかなり抑えた走りしかできなかったにもかかわらず、600LTは変わらぬ素晴らしさを見せてくれたのであり、速度にかかわらず、そのフィールと落ち着きはつねに一貫していた。

そろそろトップ5の順位を発表しよう。すでに順位を付けることの難しさについては多くが語られており、いまさら説明は不要だろうが、勝者が明らかな一方、残りの4台は非常な接戦となった今回、最終結論にたどり着くまでには、何度も順位の入れ替えが行われている。

順位を発表

今回選んだ50台の上位10%に入る5位の座はBMWのものだ。このクルマは見事に3シリーズの伝統を復活させることに成功したのであり、つねにどんなクルマで誰のためのモデルであるかが明らかだった3シリーズの姿を、ふたたび目にすることが出来たのは素晴らしい喜びだった。

4位は911だ。先代991世代よりも幅広く能力を引き上げただけでなく、さらに楽しめるモデルにもなっている。そして、是非これはスタートに過ぎないと信じたい。

BMW 320dであれば少ない燃料で素晴らしい楽しみを味わわせてくれる。
BMW 320dであれば少ない燃料で素晴らしい楽しみを味わわせてくれる。

どんなモデルよりも911には「レス・イズ・モア」の精神が感じられ、それが本物かどうかを確認するため、マニュアルトランスミッションを積んだスタンダードなカレラのステアリングを握る日が待ちきれない。

もし、その精神が本物だと確認できたなら、来年はさらに高いランキングを得ることになるだろう。

そして、フィエスタが見事3位にランクインすることとなった。他のトップ5の4台と一緒に、この手ごろなハッチバックモデルを路上へと連れ出してみれば、直ぐにフィエスタがどういうモデルであるかが理解できるだろう。

絶対王者

STであれば決して簡単に打ち負かされたりはしないのであり、他の4台に遅れをとることなく、深い繋がりを感じながら、ドライバーは大いに楽しむことができるだろう。フォードのホットモデルに期待するすべてを備えた、ブルーオーバルに賞賛を贈るべき最高のスーパーミニだ。

2位に入ったLTは、昨年の英国ベストドライバーズカー選手権の覇者の名は伊達ではないことを示してくれた。今回も価格さえ評価の対象でなければ、勝者はこのクルマだっただろう。

600LTスパイダー1台で4台のA110を購入することができる。
600LTスパイダー1台で4台のA110を購入することができる。

だが、LTのわずか1/4というアルピーヌの価格を無視することは出来なかった。2位以下のランキングでは苦労したものの、このクルマの勝者の座が揺らぐことは1度としてなかった。

昨年われわれは5万ポンド以下で購入することの出来るモデルのなかで、A110をお気に入りの1台に選出したが、今年はすべてのモデルを対象にしたなかで、ふたたびこのクルマは1位の座を獲得している。

いま、このクルマを打ち負かすことのできるのがどんなモデルなのか想像することすら難しい。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事