[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

東京モーターショー 痛い目に遭わないために 会場間の移動、かなりの時間を覚悟 攻略法は

2019.10.26

100字サマリー

すでに東京モーターショー2019について、さまざまな感想があがっています。なかでも気になるのが、各会場のあいだの移動距離。とくに「青海」と「有明」間の移動は、たいへんです。出展概要と攻略法をお伝えします。

もくじ

会場間の移動、かなりの時間を覚悟
ポイント、「青海」と「有明」間の移
注意すべき 新しくできた南棟
有明~青海 どう移動? バス本数増える?

会場間の移動、かなりの時間を覚悟

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

東京モーターショーは第28回(1989年)より、それまでの晴海から幕張メッセに場所を移しての開催となり、再び2011年より東京ビッグサイトに戻って開催されるようになった。

2011年に東京(ビッグサイト)に戻り、以降、東京ビッグサイトで開催されている。

「青海~有明間は無料シャトルバスが走っているが、乗るまでに1回目は15分、2回目は20分並んだ」という声も。
「青海~有明間は無料シャトルバスが走っているが、乗るまでに1回目は15分、2回目は20分並んだ」という声も。

そして、今年は東京オリンピックのメディアセンターになるため、これまでメイン会場の1つだった「東ホール」が全面的に使えなくなった。

そこで、今年の東京モーターショーでは有明エリアと青海エリアの主に2エリアに会場を分けての開催となったのである。

2日間のプレスデーを取材して筆者自らが体験したことや、プレス仲間からの声、プレスルームで聞こえて来た話などを総合して、初めて東京モーターショーを訪れる方々にも効率よく、会場を回るヒントをまとめてみた。

「会場の移動だけでかなりの時間を費やした。予想外に時間がかかり、行きたいブリーフィング(メーカーなどが行う、東京モーターショー出展ブースの説明会)に行けなかった」

「会場に着く前は有明~青海間の移動はクルマで移動すればいいか、などと考えていたが、とんでもなかった。有明エリアの駐車場までが非常に遠く、駐車場までの距離と西展示棟→青海展示棟までがほぼ同じ距離(1.3-1.5km)だった」

「青海~有明間は無料シャトルバスが走っているが、乗るまでに1回目は15分、2回目は20分並んだ。来場者の少ないプレスデー(来場者約7000人)がこんなレベルで一般公開日は大丈夫なのか?」

「タクシーがなかなか来ない。モーターショーが終わって閉館した直後なのに、なぜタクシー乗り場にタクシーが1台もないのか。結局30分待った」

などなど。

初めての分散会場での実施とあって、これまで何度もモーターショーを取材している報道関係者でさえ戸惑いと混乱が多々みられた。

 
最新海外ニュース