【ボンドカーはいまが底値?】アストン マーティンDBS 手に入れるべきは好みの1台

2020.01.02

サマリー

2006年にボンドカーとしてスクリーンデビューを飾り、現役時代からこれまで高い人気を誇ってきたアストン マーティンDBSですが、いま市場には変化が訪れているようです。それでも、専門家はこれ以上の値下がりは考えづらく、まさにいまが買い時だと言います。

もくじ

ボンドカー 市場に変調
「いまは買い手市場」
選ぶべきは本当に欲しい1台
アストン マーティンDBSの中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
いくら払うべき?

ボンドカー 市場に変調

最近007シリーズ最新作のタイトル、「ノー・タイム・トゥ・ダイ」が発表されたことで、思わず2006年のことを思い出すかも知れない。

ダニエル・クレイグが初のボンド役を務めるととともに、当時最新のボンドカー、アストン マーティンDBSがスクリーンデビューしたのがこの年だった。

アストンDBS中古車バイヤーズガイド
アストンDBS中古車バイヤーズガイド

映画の影響により、DB9をベースに生み出されたこの新型クーペは大ヒットを記録している(あるディーラーではわずか8台の割り当てに対して、30台ものオーダーが殺到したという)。

2年後の2008年には、リーマン・ブラザーズの破綻に端を発する世界的な金融危機が発生したものの、このクルマに対する需要は衰えず、これまでユーズドモデルも高値を保ってきた。

だが、DBSの市場在庫数が初めて増加し、ユーズドモデルの価格にも押し下げ圧力が掛かっているようだ。

その理由?

市場が自信を失いつつあることに加え、DBSより新しいものの、あまり人気のないアストン製モデルにおける大幅値引きの影響といったものが考えられる。

さらに、より新しくより手ごろなプライスタグを掲げたヴァンテージに比べ、DBSは時代遅れなモデルに見える。

フィッシャー・パフォーマンス・カーズでセールスマネージャーを務めるステファン・ジョーダンは、2018年2月のことを思い返している。

当時彼は、顧客が所有する2011年モデル、走行距離1万8000kmのカーボンブラック・タッチトロニックIIを11万8000ポンドで売りに出していたのだ。

 
最新海外ニュース

人気記事