【憧れ? 日本では未導入】初代アウディRS3 よくある不具合は? 「音」に注意を

2020.01.05

サマリー

日本へは未導入でしたが、寒い冬でも体温を上げるのに充分なホットさを備えた、初代アウディRS3。高性能が故に、血圧が上がりそうな落とし穴に引っかかる前に、予備知識と事前確認が欠かせないことは、アウディでも変わりません。

もくじ

英国では発売と同時に完売の人気
価格につられてハズレを引かないように
不具合を起こしやすいポイント
初代アウディRS3の中古車 購入時の注意点
オーナーの意見を聞いてみる
掘り出し物を発見

英国では発売と同時に完売の人気

text:John Evans(ジョン・エバンス)
translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
アウディの「RS」のエンブレムが誇らしい、初代アウディRS3。シャシーのオリジナルは2003年にまで遡るが、2011年から2012年にかけて英国へ導入されたクルマは、店頭に並ぶ前にすべてが売約済みとなった。2012年の後半には、要望に答えて追加生産されている。

AUTOCARでのレビュー内容は冴えないものだったが、熱い支持に影響はなかったようだ。搭載されるエンジンはTT RSにも通じる2.5Lの5気筒ターボエンジン。最高出力340psで、最大トルクは1600rpmという低回転域から45.8kg-mがモリモリと湧き出る。

アウディRS3(初代)
アウディRS3(初代)

トランスミッションは7速のデュアルクラッチAT、Sトロニックで、駆動方式は4輪駆動のクワトロ。ローンチコントロールも備わる。

新車価格は4万ポンド(560万円)程度だったが、同時期のTT RSより数千ポンド(数十万円)は安かった。TTと比較すればボディにはドアが2枚多く付き、荷室空間も広かったから、価格的な魅力は高かったといえる。

アウディは10.9km/Lの燃費を主張していたが、AUTOCARでのテストでは9.9km/L。気張って走ると3km/L代にまで落ち込むことも。

健康な車両なら燃費は今もそれほど変わらないはずだが、価格はかなりこなれている。英国で探せば、1万5000ポンド(210万円)位から見つかるだろう。

例えば、2012年モデルで10万kmの走行距離、ディーラーでの整備記録が揃ったクルマも見つかったけれど、これは事故車だった。保険会社から売却されたクルマで、修復済みだがステアリングやサスペンションにも損傷が及んでいた可能性はある。

 
最新海外ニュース

人気記事