【仏DS 将来はこの顔?】DSエアロスポーツ・ラウンジ フォーミュラE由来、680psの電動SUV

2020.02.26

100字サマリー

仏DSが、電動SUVコンセプトを発表。グリルにあたる部分はスクリーンに。680psを発揮するフォーミュラEの技術を搭載しています。

もくじ

全長5m SUVクーペ
グリルはスクリーンに
インパネは新時代へ?

全長5m SUVクーペ

仏グループPSAの上級車ブランドであるDSが、「DSエアロスポーツ・ラウンジ」というコンセプトカーを発表した。フォーミュラEに由来する電動パワートレインをつんで、3月に実車を発表する。

同ブランドは、クルマのキャラクラーと高いデザイン性能を維持しながら、いかに効率性を追求できるかのショーケースであると説明している。

DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト
DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト

空力を最適化したボディは、全長が5000mmに達し、なだらかなルーフラインは空気抵抗を低減する形状になっている。

グリルはスクリーンに

フロントグリルは、前方からのエアフローをボディサイドに押し流す仕掛け。これにより、23インチという大径のホイールに積極的に空気を当てるのだ。

内燃エンジン車で言うところのグリルにあたるパーツは、スクリーンに入れ替わっている。その裏側には様々なセンサーを配置した。

DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト
DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト

ヘッドライト類は、DSのライト・ベール・コンセプトに基づくもの。今後、DSの量産車に採用していく計画があるという。

パワートレインは、DSのフォーミュラEチームであるDSテチーターに由来するもの。最高出力は680ps。110kWhという容量のバッテリーから動力を得て、航続可能距離は650kmに達するという。

0-100km/h加速は2.8秒とされている。

インパネは新時代へ?

現時点ではインテリアの画像は公開されていないが。インパネは2枚の長い帯が並ぶような姿になるという。上段のものから投影された情報が、下段のものに映し出される構造のようだ。

また、その両脇にはデジタルミラーの映像を映すスクリーンと、わずかな数ではあるがスイッチ類を配置しているという。

DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト
DSエアロスポーツ・ラウンジ・コンセプト

DSエアロスポーツ・ラウンジは、3月上旬に開幕するジュネーブ・モーターショーに展示される。

 
最新海外ニュース