【マツダだけじゃない】ロータリーエンジンを採用した自動車メーカー3選

2020.06.04

サマリー

マツダ。多くの人のこころと記憶に残っている技術の1つにロータリーエンジンがあります。コンパクトなスペースで滑らかに高出力を稼ぎ出すことができます。マツダ以外にも完成車に搭載したブランドがありました。

もくじ

ロータリー、マツダの印象強いけど
メルセデス・ベンツ
NSU
シトロエン

ロータリー、マツダの印象強いけど

text:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

今年創立100周年を迎えたマツダ。やはりそのアイデンティティとして、多くの人のこころと記憶に残っている技術と言えばロータリーエンジンではないでしょうか。

フルラインナップでロータリーエンジン車を展開し、ル・マン24時間耐久レースで初めて優勝した日本車787Bもロータリーエンジン車でした。

マツダ787B
マツダ787B    マツダ

コンパクトなスペースで滑らかに高出力を稼ぎ出すことのできるエンジン。実は研究レベルではかなり多くのメーカーが手掛けていたようですが、実際に完成車に載せたメーカーがマツダ以外にも存在します。そんなメーカーをご紹介しましょう。

メルセデス・ベンツ

1969年のフランクフルト・モーターショーでデビューを飾ったC111。これは280psの3ローターロータリーエンジンを搭載したスポーツカー。

ガルウイングタイプの未来志向なデザインを纏ったこのクルマは、1954年に登場したW198型300SLの真の後継車と目される存在でした。

メルセデス・ベンツC111
メルセデス・ベンツC111    メルセデス・ベンツ

翌年には改良型C111-IIとして4ローター化、350psまでパワーアップさせたモデルをジュネーブ・モーターショーで発表しています。

しかし、同等排気量のレシプロエンジンに対して燃費が著しく悪いなどの理由でロータリーエンジン車開発はストップします。

C111も12台が製作されたものの、量産には至りませんでした。

後にエンジンをV8に載せ替えられたC111-IVは、レコードブレーカーとして1979年に403.978km/hという速度記録を樹立している。

 
最新海外ニュース

人気記事