国内ニュース

2018.01.13

180度回転OK! ドライブレコーダーDVR3000 データシステム社ブース

編集部より

オートサロンのデータシステム社ブース。ダッシュボード取付けできるドライブレコーダーを販売中。「画面180度回転」がポイント。

ドライブレコーダーDVR3000

ハイスペック・ドライブレコーダー

ドライブレコーダーを、まだ付けていない。取付けたくても保安基準が分からない。そんな方に、データシステム社からの提案。

ドライブレコーダーDVR3000

「ドライブレコーダーDVR3000」は、新たに表示反転機能が搭載されて話題になっている。

ドライブレコーダーDVR3000

もともとDVR3000は、

・3メガ(2304×1296)録画:業界最上位クラス
・21:9(2560×1080)ウルトラワイド:広範囲をカバー
・HDR(ハイダイナミックレンジ)機能:白とび軽減

など、フルハイビジョンを凌ぐ高画質録画モードを実現。Gセンサー・GPS・3インチモニター搭載/エンジンON連動/全国のLED信号対応というハイスペック・ドラレコだ。

最新型のDVR3000では、フロントガラス上部の保安基準範囲内に設置が難しいクルマに向けて、ダッシュボードへの取付けにも対応。東京オートサロンの会場でも販売をしている。

開発中の次期モデル 先行展示中

東京オートサロン2018のデータシステム社ブースには、開発中のモデルも展示されている。

ドライブレコーダーDVR3100

・2カメラ・ドライブレコーダー「DVR3100」
フロント用の内蔵カメラ、リア用サブカメラ、ともにフルハイビジョン(1920×1080)を実現するドライブレコーダー。

・高精細ルームミラーモニター「LTM6024HD」
ミラー部が7.6インチワイド液晶モニター(1280×400)となるルームミラーモニター。

公式サイトデータシステム「ドライブレコーダーDVR3000」

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ドライブレコーダーDVR3000』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ

        ×