[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

動画 電動ホールド、スマホ用クレイドル「SDA-SC510」 ワイヤレス充電も パイオニア

2019.07.12

100字サマリー

スマホを差し出せば、自動で掴む「スマホ用クレイドル」が、パイオニアから登場。ワイヤレス充電機能も搭載されています。脱着のようすは映像でご覧になれます。

カロッツェリアは、電動オートホールド

パイオニアからアイデア商品が登場した。スマートフォンを愛車のインパネに保持するクレイドル「カロッツェリアSDA-SC510」は、電動でスマホを掴み、ワイヤレス充電できるのが特徴である。

スマートフォンを脱着する様子は、下記の動画でご確認いただきたい。

SDA-SC510 電動オートホールド取り付け映像

SDA-SC510 電動オートホールド取り外し映像

最大8.5cm幅まで対応するスマホの保持面には、光学センサーを配置。スマホを置けば、センサーが反応して自動で固定する。取り外す際は、静電タッチセンサーに触れればホールドを解除。片手でスマホを脱着できるからクルマへの乗り降りがスムースに行える。

また、脱着時の落下を防ぐスリップ防止パッドと落下防止パーツを装備したほか、外し忘れ対策として電気二重層キャパシターを搭載。降車時などスマートフォンをホールドしたままエンジンを切ってしまっても、ワンタッチで取り外しができる仕組みになっている。

自分の愛車にフィットするかどうか心配な方には、オンダッシュ取付け用の奥行調節伸縮アームに加えて、エアコン吹き出し口に取り付けられるアタッチメントが同梱されているのは有り難いところ。クレイドル本体のサイズは、120(W)×66.8(H)×24.5(D)mmだ。

また、車室内に持ち込みすぐに使えるUSBタイプCケーブルとQuick Charge 3.0対応シガーソケット用USBチャージャー(2系統)、吸着面取り付けシート、落下防止用ストラップがセットされている。

そして、スマホを固定してくれるのはもちろん、最大15Wの急速充電ができるワイヤレス充電「Qi」にも対応しているので、Qi規格のスマートフォン・ユーザーには実用的な車載デバイスとなるだろう。

カロッツェリアのスマートフォン用クレイドル「SDA-SC510」の発売は7月。価格はオープンだ。

 
最新国内ニュース