スマート・フォーフォー / ルノー・トゥインゴのテスト車両をスクープ

公開 : 2012.07.14 14:12  更新 : 2017.06.01 01:00

スマートは、復活するフォーフォーと、その兄弟車となるルノートゥインゴのシャシー・テストを開始した。

このテスト車両は、ドイツのメルセデスの技術センター周辺でスクープされたもので、ボディは現行のトゥインゴを被せているが、そのシャシーはスマート/メルセデスのハードウェアだ。

3月に発表されたように、ルノーの新世代のシティカーは、一部にルノー/日産の技術の加わったプラットフォームと、ダイムラーのドライブトレーンを組み合わせとなる。そのタイアップの鍵となるのは、「プロジェクト・エジソン」というスマート・フォーフォーとルノー・トゥインゴに共通のプラットフォームで、これは更にフォーツーと、その兄弟車となるルノーのモデルにも流用されるものだ。

第1世代のフォーフォーの2ボックス・スタイルではなく、新しいフォーフォーは1ボックスのプロフィールを持つ。長さ3500mm、高さ1550mmで、現行のフォーツーよりも800mm長くナル。ダイムラーとルノー/日産の協力のもと造られるエンジンは、4気筒のガソリンとディーゼル。また、ハイブリッドとEVも予想される。

クルマはスロベニアにあるルノーのノボ・メスト工場で生産される。

なお、ルノー・バージョンのフォーフォーは、新しい名前が付けられることになろう。そしてトゥインゴという名前は、フォーツーの兄弟車のものとなる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×