乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー

公開 : 2024.04.22 17:45

広く薦められる実力派、あなたが選ぶならどっち?

サスの基本形式はホンダFF車の標準型。AHA(アジャイル・ハンドリング・アシスト)は採用されていないが、ハンドリングの基本特性は共通だ。ロールや回頭の揺れ返し少なく、収まりいい操縦感覚で中高速域での安定性と穏やかで素直なラインコントロール性を旨とする。切れ味とか手応えは薄いのだが、自然体の馴染み良さがある。

乗り心地もそうだが、フットワーク全般が適度に緩い。サスストローク制御でも車軸周りも規制があまい印象がある。誤解なきよう付け加えるなら曖昧という意味ではない。逃げとか往なしであり、その巧みなバランスが。

ホンダWR-V Z+公道初試乗
ホンダWR-V Z+公道初試乗

街乗りにも使いやすいサイズで4名乗車で荷物も沢山積める。高速道路や山岳路の長時間のドライブでも運転疲れや乗り疲れしにくい走行特性。プレミアムとか高級という視点で惹かれる部分は少ないが、和めるというか「ふつうが素敵」という感じなのだ。

WLTC総合モード燃費でヴェゼルe:HEVのZと比較すると、ガソリン単価170円/Lで見積もっても車両価格差を回収するには14万km前後の走行距離が必要になる。すでにティザーサイトで公開されているMCモデルでは価格差が拡大する可能性も高い。10万km以上乗るならe:HEVモデル狙いでヴェゼルを選ぶのもいいが、10万km未満ならWR-Vのほうが費用対効果で有利だ。

実利優先と言えば聞こえが悪いが、現実を見据えたウェルバランスがWR-Vの見所であり、選び方も楽しみ方も含めて背伸びしない実践派向けのコンパクトSUVなのだ。

試乗車のスペック

価格:248万9300円(税込 オプションなし)
全長×全幅×全高:4325×1790×1650mm
燃料消費率:16.2km/L(WLTC)
駆動方式:FF
車両重量:1230kg
パワートレイン:直列4気筒横置き1496cc
使用燃料:ガソリン
最高出力:118ps/6600rpm
最大トルク:14.5kg-m/4300rpm
ギアボックス:CVT
タイヤサイズ:215/55R17(フロント)215/55R17(リア)

ホンダWR-V Z+公道初試乗
ホンダWR-V Z+公道初試乗

記事に関わった人々

  • 執筆

    川島茂夫

    Shigeo Kawashima

    1956年生まれ。子どものころから航空機を筆頭とした乗り物や機械好き。プラモデルからエンジン模型飛行機へと進み、その延長でスロットレーシングを軸にした交友関係から自動車専門誌業界へ。寄稿していた編集部の勧めもあって大学卒業と同時に自動車評論家として自立。「機械の中に刻み込まれたメッセージの解読こそ自動車評論の醍醐味だ!」と思っている。
  • 撮影

    小川和美

    Kazuyoshi Ogawa

    1986年生まれ。クルマ好きの父親のDNAをしっかり受け継ぎ、トミカ/ミニ四駆/プラモデルと男の子の好きなモノにどっぷり浸かった幼少期を過ごす。成人後、往年の自動車写真家の作品に感銘を受け、フォトグラファーのキャリアをスタート。個人のSNSで発信していたアートワークがAUTOCAR編集部との出会いとなり、その2日後には自動車メディア初仕事となった。
  • 編集

    香野早汰

    Hayata Kono

    1997年東京生まれ。母が仕事の往復で運転するクルマの助手席で幼少期のほとんどを過ごす。クルマ選びの決め手は速さや音よりも造形と乗り心地。それゆえ同世代の理解者に恵まれないのが悩み。2023年、クルマにまつわる仕事を探すも見つからず。思いもしない偶然が重なり編集部の上野太朗さんに出会う。翌日に笹本編集長の面接。「明日から来なさい」「え!」。若さと積極性を武器に、日々勉強中。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像