メルセデス・ベンツSL350

公開 : 2012.07.31 17:08  更新 : 2017.05.13 12:53

■どんなクルマ?

70,000ポンド(860万円)ちょっとという絶対的には安くないものの、実質的には「最も安い」メルセデス・ベンツSLがこのSL350だ。そして、ある意味302bhpの3.5リッターV6は、最高のSLでもあるのだ。

そのベースとなったのは、メルセデスでも最も成功したロードスターであるが、大きなV8エンジンがガソリンを浪費するのに対し、このSL350はパワーこそ去勢されているが、ベストなバランスをもたらしていると言えよう。

■どんな感じ?

新しいSLは、そのボディをスティールからアルミニウムに変更したことによって140kgものウエイトを絞ることに成功している。しかも、よりボディ強度は増しているのだ。

確かにSL500やAMGモデルに比べれば、パンチの効いたアドレナリン一杯の加速は薄らいでいる。しかし、実際はV6のより緻密なパワー・アウトプットは、とりわけ英国ではむしろ歓迎されるべきものだ。ありあまるパワーではないがゆえに、そのパワーはスロットル・ワークに反応してリニアに増加してくれてコントロールが容易なのである。現実的にも、0-100km/h加速は5.9秒だから、決して遅いクルマではない。

また、このエントリー・レベルのSLで良いことは、エンジンとトランスミッションが抜群の伝達をしてくれることだ。V8エンジンのSLでは少しばかりエンジンのパワー・アウトプットにトランスミッションが追いつかなかったりと、もたつく感じがしたものの、SL350ではそれが一切感じられない。スポーツ・モードでもエコ・モードでもマニュアル・モードであっても、その連携は鋭くて滑らかだ。そのドライブは、完璧とは言い切れないものの、十分以上のものがあった。

われわれのテスト・モデルは、オプションの19インチ・ホイールと、調整可能なダンパーのオプションがついていたが、1.7トンのSL350に2人が乗った状態で、英国の荒れた路面でも、許容できる乗り心地であった。

■「買い」か?

SL350を選ぶ最大の理由はその価格だろう。それは最も手頃なSLで、ライバルであるポルシェ911カブリオレに対しても圧倒的な優位に立つ。もし、必要であればスポーティな走行を愉しむためのオプションも豊富だ。

SL350は贅沢で楽しいGTだ。その意見に賛成できないのであれば、どのSLを選んでも答えは同じだろう。この意見に賛成ならば、SL350は、十分に選択肢になりうるモデルである。

(ヴィッキー・パロット)

メルセデス・ベンツSL350

価格 72,495ポンド(890万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 5.9秒
燃費 13.3km/l
CO2排出量 176g/km
乾燥重量 1685kg
エンジン V6 3498cc
最高出力 302bhp/6500rpm
最大トルク 37.7kg-m/3500rpm-5250rpm
ギアボックス 7速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×