レンジローバー・スポーツSVR

公開 : 2015.03.18 23:45  更新 : 2017.05.29 19:20

JLR初の ’スペシャリティカー’ という位置づけのこのクルマは、個性豊かで速く、ドライバーをとことん楽しませてくれる。そのマナーや特別感も群を抜いている。

■どんなクルマ?

仮にノルドシュライフェのラップタイムを引き合いに出すならば、レンジローバー・スポーツSVRは最速のSUVではない。

しかしながら2.3トンの重量級SUVであるにも関わらず550psを叩きだすと聞けば、興奮するのは筆者だけではないはずだ。

それに、実用性はもとより節度感や、われわれの好む控えめなキャラクターを併せもっていることも先に言っておこう。

手がけたのはスペシャル・オペレーションズ・デパートメント。SVRの ’SV’ はスペシャル・ビークルの頭文字。モデル名からもお分かりのとおり、かなりの期待と情熱が注ぎ込まれたモデルなのだ。

メルセデス-AMGBMWのM、アウディのRSに対抗して登場するこれからのSVRシリーズは、全モデルが4WDとなり、ユーザビリティを確保したまま強烈なスピードを引き出すことになるのだそうだ。

■どんな感じ?

V8スーパーチャージドSVRを制作した人々は、価格面やパワー、スピード、演出の観点から、このクルマのことを ”+10%” と呼んでいるのだそうだ。

確かに基準車のレンジローバー・スポーツと乗り比べると、あらゆる点でステップ・アップしていると実感できるのだから、その呼称には信憑性がある。

なかでも目立つのは、このクルマのもつエンジン。少し前のXKR-Sや現行のF-タイプRが搭載する、超獰猛な5.0ℓ V8ユニットを採用している。

プログラムやチューニングはSVR専用のものとなっており、さらなるスポーティな風合いを与えているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像

×