ボルボXC90エクセレンスを上海で発表

公開 : 2015.04.15 22:30  更新 : 2017.06.01 02:10

ボルボは、XC90のラグジュアリー・バージョンであるXC90エクセレンスを上海モーターショーで公開する。レンジローバーSVオートバイオグラフィーのようなハイエンドのモデルで、今年後半から限られたマーケット向けにリリースされる予定だ。

通常のXC90との最大の違いは室内が4シーターとなっていることだ。標準的なXC90は7シーターだが、3列めシートを廃止し、2列めのシートもマッサージとベンチレーション機能が付いた独立型としている。そのため、リア・シートのフット・スペースも大きくなっている。これは主に中国市場をターゲットとした変更であろう。

リアのパッセンジャーは、折畳式のタッチ・スクリーンでインフォテイメントを楽しむことができるほか、スウェーデン製の折りたたみテーブル、冷蔵庫、カップ・ホルダー、クリスタル・ガラスなどが装備される。また、ブート・スペースとの間にスクリーン・セパレーターが装備され、ピレリ・ノイズ・キャンセリング・システム・タイヤも装着される。さらに、イオンを発生するイオン空気清浄機も標準装備だ。

エクステリアでは、BピラーとCピラーにクロームの装飾がほどこされ、通常のXC90ではないことをアピールしている

デザイン責任者のトーマス・インゲンラートは、「XC90エクセレンスはスカンジナビアン・インテリア・デザインに究極の贅沢さを表現したモデルであり、ラグジュアリーSUVとして最高のリア・シート空間を与えてくれるものだ。」としている。

XC90エクセレンスに搭載されるエンジンは、320psのT6、230psのD5、そして318psのプラグイン・ハイブリッドT8の3つとなる。

 

人気記事