ケータハム・セブン・スーパーライトR500

公開 : 2012.08.24 14:23  更新 : 2017.05.29 18:33

■どんなクルマ?

新しく改善されたケータハム・セブン・スーパーライトR500は何が変わったのだろうか。R500は263bhp、24.5kg-mのパワー、トルクを持つ1999ccのフォード・デュラテック・エンジンを搭載する。パワー、トルクが上昇した分、車重は46kg重くなっているがそれを補ってあまりあるものがある。また、オプションとなるが6速のシーケンシャル・トランスミッションが取り付けられるようになったのも特徴だ(テスト車両のもそれが付けられている)。

ウインドスクリーンもドアもないこのクルマのパワー・ウエイト・レシオは520bhp/トンで、スレンダーではないドライバーが乗ったとしても451bhp/トンになる。

■どんな感じ?

旧いR500はハイ・チューンの代償として、5000rpm以下ではまったく役にたたないパワー・トレインを搭載していた。しかしこの新しいR500では、そんなことがなくなった。96k/hを6速ギアで3000rpmで走っていたとしても、そこからスロットルを踏み込めば新しいR500は軽快に急激にそこから加速していくのだ。

ある意味、このローエンドの使い勝手の良さは私を悩ませた。6速でこんなにクイックな反応をしめしてくれるのなら、2速ギアは何のためにあるのか。しかし、その答えは0-96km/h加速2.88秒というタイムを稼ぎたすためにある、という単純なものだった。

5000rpmでクラッチをミートして、2速、3速とシフトアップする。このクルマはトラクション・コントロールなどというものとは無縁なので、2速、3速ではホイール・スピンを起こす。4速にシフトアップし、160km/hに達した時点でそのタイムは7秒未満。これはフェラーリ599よりも速い。

このエンジンのパワー・デリバリーの滑らかさはあらゆる面でプラスだ。6000rpmを超えて8500rpmのレブ・リミットまでの反応は素晴らしいものがあるが、どんな回転域でもスロットルは正確に望むままに反応してくれる。

R500には、更に素晴らしい点がある。それは、いままでドライブしたどのケータハムよりも乗りやすいということである。刺々しくない、気持ち良いバランスがとれたクルマだということだ。

そしてシーケンシャル・ギアボックス。2,950ポンド(37万円)という高価なオプションだが、それはとても正確で純粋で感動的なものだ。単純にレバーを2、3mm動かせば、見事なシフトをしてくれるものだ。確かに標準では6速マニュアルも用意されてはいるが、誰がそれを選ぶのだろうか。

■「買い」か?

もちろん買いだ。旧モデルよりも3,005ポンド(37万円)ほど価格は上がったが、新しいR500はより速く、よりフレキシブルで、より信頼性が高まっている。どこにも旧モデルよりも悪い点は見当たらない。すべての点で上回っているのだ。

(ジャミー・コーストフィーネ)

ケータハム・セブン・スーパーライトR500

価格 44,945ポンド(560万円)
最高速度 238km/h
0-96km/h加速 2.88秒
燃費 NA
CO2排出量 NA
乾燥重量 516kg
エンジン 4気筒1999cc
最高出力 263bhp/8500rpm
最大トルク 24.5kg-m/7200rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×