スズキ、新型ソリオおよびソリオ・バンディットを発売

2015.08.26

スズキは、ソリオおよびソリオ・バンディットをフル・モデルチェンジし発売開始した。新型のトピックは、主なグレードにマイルド・ハイブリッド方式を採用したこと。

新しくなったソリオは、世界初登場となる新開発プラットフォームと、海外でセレリオに搭載された新型K12C型デュアルジェット・エンジンを国内初搭載。

これにISGとリチウムイオン・バッテリーを用いたマイルド・ハイブリッドを採用し、先代比100kg軽量化の効果と合わせて、クラストップの燃料消費率27.8km/ℓを達成した。

新開発のエンジンは、圧縮比を12.5まで高め熱効率を改善し、バルブリフターを直打式からローラーロッカー式に変更し抵抗を低減を図ったほか、流動強化と混合気最適化などを行っている。最高出力91ps、最大トルク12.0kg−mはこれまでと変わらないものの、低回転域でのトルクを増大した。

ほかにもデュアルカメラ・ブレーキサポート、誤発進抑制機能などの先進安全装備を網羅している。

価格はソリオが1,454,760円〜1,967,760円。ソリオ・バンディットが1,825,200円〜1,951,560円。


▶ 徹底解説 / スズキ・ソリオ / ソリオ・バンディット

 
最新国内ニュース