ジープ・レネゲード・トレイルホーク

公開 : 2015.09.07 23:50  更新 : 2017.05.29 18:34

  • テールランプの意匠は、米軍がガソリン運搬に使用するジェリ缶にヒントを得た。

日本仕様のパワートレインは2種類。フィアットの主力の1.4ℓ直4ターボ+6速デュアルクラッチと、チェロキーでおなじみの2.4ℓ直4、愛称「タイガーシャーク」+ZF製9速オートマチックである。

駆動方式は前者がFWD、後者がオンデマンド方式の4WDとなる。FWDの1.4ℓターボは装備の違いによって2グレードあり、入門モデルの「オープニング・エディション」は300万円を切る¥2,970,000、充実装備の「リミテッド」は¥3,132,000、さらに4WDで2.4ℓを搭載する「トレイルホーク」は¥3,402,000と輸入小型SUVの中ではもっともお求めやすい価格になっている。VWティグアンの1.4ℓターボのお値段(¥3,420,000)で、最強4WDモデルを買っておつりがくるのだ。

以下、試乗したトレイルホークについて、次に記す。

■どんな感じ?

着座位置が高くて、見晴らしがよい。外観はジープ風フィアットだけれど、インテリアはフィアットそのものである。ステアリングホイールにJeepの4文字なかりせば、エアコン等のスイッチに見覚えがある。違うのはものすごく太くて、ほぼ直立した感のある2本のAピラーだ。

どうしてこんなに太いのか? 想像するに、このあとオープン・モデルが控えているからではあるまいか。試乗車は「My Sky(マイスカイ)」なる取り外し可能ルーフを装備している。トレイルホークにオプション設定のこれは前席と後席の上の屋根部分がぽっかり青空になる。あいにくの雨模様で、その爽快さを試すことあたわずであったけれど、レネゲードがボディ剛性をそうとう気にしていることは間違いない。サイドシルも意外と高かったりする。プラットフォームは500Xと共有するけれど、ジープならではのオフロード性能を得るべく、補強されているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×