レンジローバーSVオートバイオグラフィーLWB

公開 : 2015.11.04 23:55  更新 : 2017.05.29 19:20

スペシャル・ビークル・オペレーションズによって生まれた、極めてラグジュアリーなレンジローバーSVオートバイオグラフィーLWBを体験する。

■どんなクルマ?

SVオートバイオグラフィーは、あたらしいレンジローバーのフラッグシップ・モデルである。JLRいわく、コヴェントリー近くのテクニカル・センターにて “独占的に制作されたハンドクラフト・モデル” なのだとか。

ショート・ホイールベースとロング・ホイールベースの両方を選ぶことができ、エンジンはSDV6ハイブリッド・ディーゼルとSDV8ディーゼル、スーパーチャージドV8ガソリンの3種がラインナップされる。

ガソリン・エンジンのV8はレンジローバー・スポーツSVRのアウトプットと等しい。標準のスーパーチャージドV8エンジンからは42psと5.7kg-mの強化されており、合わせて551psと69.4kg-mとなる。

基準車と大きく異なるのは、後席部分が左右独立の2座となり、シートの間にコンソールが設けられている点だ。コンソール上にはアルミ・トレー・テーブルがあしらわれ、冷蔵庫には背の高いグラス(2つ分)と小さなボトルを収めることができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事