メルセデス-AMG A45 4マティック

公開 : 2015.11.30 23:50  更新 : 2017.05.23 16:43

したがって体感的には速い。しかし、恐ろしいほど速いとは感じないのは、パワーの引きだし方が穏やかかつシャシーのセッティングにも余裕があるからなのだろう。

とてつもないスピードでコーナーの手前まで飛び込み、ブレーキを強く踏みこめば、なみなみならぬ制動力にふつふつと自信がわいてくる。

ステアリングを切り込めば、心地よい重みが手に伝わり、さらに舵角を増してゆけば、素早くノーズが向きを変える。A45をホットハッチと呼べる所以である。

可変ダンパーを引き締めると、ボディはさらにコントロールしやすくなる。しかし硬質さに不快感を感じることはまるでない。

ミドル・コーナー上の速度を規制するためのバンプを踏み越えても車体は跳ねあがることはなく、上下の動きはいつも落ち着いている。

ドライ路面かつ、オプションのLSDを組み込んでいれば、並外れたトラクションを引き出せる。ターボが全開で仕事をしていても、4つの車輪はピタリと路面にくっついている。

路面がウエットになると、いくぶんチャレンジングになり、アンダーステアの傾向も強まるのだが、それでも、いやにヒヤリとすることは皆無である。

関連テーマ

 
最新試乗記