テスラ・モデルS 70D

公開 : 2015.12.11 23:50  更新 : 2017.05.29 18:47

テスラ・モデルSは常に進化している。70Dは4WDとなり、わずかに大きなバッテリーを手にした。ソフトウェアも7.0へとアップデートされている。

■どんなクルマ?

テスラ・モデルSが進化するスピードに追いつくのはむずかしい。前に乗った時から少ししか間があいてなかったとしても、着実に進化しているからだ。

これはソフトウェアのアップデートによるところも大きい。バグを訂正し、あたらしい機能を増やす。モデルSをWi-Fiにフックアップし、ベッドに入っているあいだに完了する。ディーラーにいく必要もない。

最新のアップデートによってソフトウェアは7.0になった。オートパイロット機能に関する内容も多い。レーダーとGPSを用い、自動でステア操作や加減速、駐車が行われる。

さらに7.0からは、これまでよりもスッキリとしたインストルメント・パネルとなる。

ハードウェアも見なおされた。今年のはじめにデュアル・モーターによって4WD化した、あきれるほど速いP85Dがデビューした。これと同じく、エントリー・モデルも4WD走行が可能になった。

バッテリーもこれまでより大きい70kWhのものに変わった。もちろん航続可能距離も伸びている。‘新型’ と呼ぶに差し支えないないだろう。

2WDのモデルも購入可能だが、4WDの場合382psのシングル・モーターが後輪を駆動するのに対して70Dは258psの2つのモーターが後輪を駆動する。モーターが回りはじめた瞬間に53.5kg-mのトルクが立ちあがる。

モーターを2つにすることで効率性は高まる。70Dは理論上443kmを走らせられる。気温や使用する装備、運転の仕方によって変わってくるが現実的な走行でも241〜322kmを走らせられる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事