フォード・レンジャー・ワイルドトラック

公開 : 2015.12.18 23:40  更新 : 2017.05.29 18:53

フォードの4×4ピックアップ、レンジャーは内外装ともにリフレッシュした。エンジンもあたらしくなった2016年モデルをオフロードで初テストする。

■どんなクルマ?

先代のレンジャーは、‘ワン・フォード’ の旗印のもとに製作された最初のモデルだった。よって(ニーズはアメリカに集中するにしても)形を変えずに世界中で販売されるよう計画されたいた。

こちらのモデルの組み立てはタイで行われるのだが、南アフリカでも生産される予定である。

エンジンは160psの2.2ℓディーゼル(‘リミテッド’ グレード専用)と200psの3.2ℓディーゼル(‘ワイルドトラック’ グレード専用)の2種から選べ、どちらとも6速MTと6速ATの両方を組み合わせることができる。

どちらのグレードにも、8インチ・タッチスクリーン・インフォテインメント・システム(ナビつき)、DAB、フォード製 ‘シンク’ 2、8ウェイ電動調整シート、前後シート・ヒーター、リバース・カメラ、前後パーキング・センサー、可変クルーズ・コントロール、ヒル・ディセント・コントロールは標準となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事