アウディQ5 RSを2017年に追加か

公開 : 2016.01.22 22:40  更新 : 2017.06.01 01:39

アウディは来るべき第2世代のQ5に、456psオーバーのパワーユニットを搭載するRSを追加する計画だと関係筋がAUTOCARに話した。

2017年の後半にラインナップに加えられる予定で、第4世代のRS4、第2世代のRS5と同様にアウディ・クワトロ・パフォーマンス・カー・ディビジョンで製作される。この2台とエンジン、デュアル・クラッチ・トランスミッション、トルセン・トルク・センシティブ4WDシステムを搭載する。

新しいQ5 RSは、チェアマンのルパート・シュタドラーがいうように、高性能SUVファミリーをラインナップとして完成させるために不可欠な存在だ。

「われわれは、主要な市場でハイパフォーマンスSUVの需要が増えることを確認した。」とシュタドラーはコメント。実際、RS Q3が登場した時点で成功は予測できたが、その売上げはわれわれの予想を上回るものだった。

Q5 RSは、4.2ℓV8ガソリンに代わるRS4やRS5に搭載される3.0ℓV6ツインターボを搭載。BMW M3やM4と対抗できうる456ps以上を発揮する。

なお、このQ5 RSはメキシコ・サンノゼのチアーパ工場で、他のQ5と並行して生産が行われる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事