プジョー2008フェイスリフト

公開 : 2016.02.19 22:25  更新 : 2017.06.01 01:37

プジョー2008のフェイスリフトが公開された。ミッドライフのリフレッシュとなるもので、スタイリング、インテリア、オプション、そしてオートマティック・トランスミッションの変更などがされている。

スタイリングは、フロント・グリル、ホイールアーチ・エクステンド、フロントおよびリアのスカッフ・プレートなどが変更され、よりマッシブなデザインとなっている。また、前後のLEDライトもアップグレードされている。

新しいスピリット・シートが採用されたためにブートスペースも1194ℓから1400ℓに拡大されている。更に、ブート・リッドの下に22ℓのスペースも追加されている。

トリム・レベルはスポーティなGTラインが追加された。このGTラインは、17インチ・ホイール、ブラック・トリム、そしてGTバッジが付く。

キャビンはほとんど変更がなく、7インチのインフォテインメント・システムはApple Car PlayとMirror Link機能を持つ。

エンジンは、1.2ℓの3気筒ガソリンは、82psのピュアテック82は24.5km/ℓの燃費と114g/kmのCO2排出量を持つ。また、この1.2ℓには110ps、130psバージョンがある。一方、ディーゼルは1.6ℓのブルーHDIで、75ps、100ps、120psの3つのチューニングが用意される。

来月のジュネーブ・モーターショーでワールド・プレミアが行なわれ、販売は夏からを予定している。

関連テーマ

 

人気記事