アウディA4 2.0 TFSI

公開 : 2016.02.26 23:40  更新 : 2017.05.29 18:14

  • 試乗車は、10スポークデザイン・アルミホイールに、ミシュラン・プライマシー3を履く。

  • トランク容量は480/962ℓ(VDA値)。フロア下にはバッテリーが収まる。

日本で展開される新型アウディA4のラインナップは、大きくいうと2つ。前輪駆動のA4 2.0 TFSI(518万円〜)と、フルタイム4WDのA4 2.0 TFSIクワトロ(597万円〜)だ。どちらにもスポーツサスペンションを組み込むなどした「スポーツ」というサブグレードが設定される。

エンジンは2ℓ4気筒エンジンのみ。ただし前輪駆動仕様は、最高出力190ps、最大トルク32.6kg-m。いっぽうクワトロは、同じ排気量ながら252ps、37.7kg-mと、よりパワフルとなる。変速機はともにツインクラッチの7段「Sトロニック」だ。無段変速機だった従来型に対して、恩恵は燃費向上として表れている。前輪駆動版で33%もよくなってリッター18.4km(JC08モード)、クワトロでは14%上がって15.5km(同)という。

■どんな感じ?

はたして運転すると、あきらかにパワフルになっている。前輪駆動の2.0TFSIは、軽量化と、1450rpmという低回転域から最大トルクを発生する設定のため、出足もよく、軽快に加速していく。ミラーサイクルエンジンにデュアルインジェクションが組み合わされているのも、パワー感に大きく貢献しているだろう。エンジン回転をあまり上げていない低負荷時は、吸気マニフォルド内に混合気を噴射。いっぽうアクセルペダルを多めに踏んで力強い加速を求めている時は、別のインジェクターが作動して、シリンダー内に直接燃料を噴射するのだ。

よりパワフルな2.0 TFSIクワトロでは、さらに出足がよく、かつ中間加速の際の、速度の伸びの気持ちよさが際だつ。大きめの排気音が頭の後ろから響いてくるとともに、四つの車輪が路面をしっかりつかみ、ぐいぐいとクルマを前に押し出していくのが、すばらしい快感だ。37.7kg-mという大トルクと、5000rpmで頂点に達するパワーカーブとの組み合わせが、スポーティな魅力を高めている。

2.0 TFSIクワトロでは、Sラインという少し車高が落とされ、外観の一部とシートをはじめとする内装がよりスポーティに仕上げられた仕様に乗った。パーフォレーテッドレザーで巻かれたスポーツステアリングホイールも雰囲気だ。太いステッチが親指にあたると、けっこう気分が盛り上がる。これを操舵し、クルマがドライバーと一体化しているような感覚を味わえるのが、このモデルの魅力である。

アウディが5リンク式サスペンションにこだわっているのは、このクラスのベンチマークをめざしたからだとよく分かる出来だ。前輪駆動のA4 2.0TFSIはどうだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事