メルセデス・ベンツGLE 350d AMGライン

公開 : 2016.03.02 23:50  更新 : 2017.05.13 12:50

‘元’ Mクラスの、さまざまなグレードを試してきた今、いよいよ新型6気筒ディーゼルを搭載したGLEを初テストする。

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツはMクラスをまったく新しいものにしたと主張するが、実は、機械的には経済性が高まったエンジンに合わせられる新式の9速AT以外に、あまり大きく変わっていない。

モデル・レンジにはハイブリッドも加わった。GLE 500eと呼ばれるこれは3.0ℓV6を搭載し、電気がアシストする。同じ3.0ℓV6のみを載せるのはGLE 450と呼ばれる。V8を搭載するAMG GLE 63もある。

英国でもっとも売れるのはディーゼルだろう。250dか、テスト車である350dが用意されている。なかでもAMGラインが人気を得ることは簡単に予想がつく。

■どんな感じ?

トランスミッションは9速のオートマティック。4WDシステムのパワー配分は前後50/50であり、必要があれば前に100、あるいは後ろに100とすることもできる。どのようなシチュエーションもカバーできよう。

ダイナミックに感じさせるような嫌らしい味つけは皆無。低速域でもAMGサスペンションがもたらす乗り心地は硬めである。コンフォート・モードでも変わらない。大径ホイールも硬質な印象を増幅させる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記