プジョー3008、新パワートレインを搭載し発売

2016.03.08

プジョーシトロエン・ジャポンは、新しいパワートレインを搭載したプジョー3008を発売した。

今回の変更では、最高出力165ps(+9ps)にパワーアップした1.6ℓツインスクロール・ターボエンジンに、第3世代のトランスミッションとなるEAT6を組み合わせ、走行性能を進化させている。

また、燃料消費率を大幅に改善(現行モデル比で40%アップ)したほか、グリップコントロールにより、悪路や雪道での走破性を向上させた。

プジョーのラインナップで3008に唯一搭載されるダイナミック・ロールコントロールは、リア左右の中間に設けられた3つ目のショックアブソーバーにより、車体の横揺れ、縦揺れ、上下動を制御するもので、ほかにも、パノラミック・ガラスルーフ、バイキセノン・ディレクショナル・ヘッドライト、カラー・ヘッドアップ・ディスプレイ、ファブリック/テップレザー・シートを標準装備する。

価格は、フル装備で350万円を下回る設定の3,490,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×