F-1 第16戦 韓国グランプリ

公開 : 2012.10.15 10:00  更新 : 2017.06.01 01:04

セバスチャン・ベッテルは、2012年シーズン4回目となる勝利を挙げた。

レッドブルのベッテルは、オープニング・ラップでトップに立った後、その後、誰にもそのポジションを明け渡すことなくフィニッシュした。同僚のマーク・ウェーバーは、ポール・ポジションを得たが、その座をオープニング・ラップの1コーナーで、ドイツ人にやすやすと明け渡すこととなった。

フェラーリのフェルナンド・アロンソは、マシンのパフォーマンスに苦しみながらも、今回のマシンとしては上出来の3位を得、同じくフェラーリのフェリッペ・マッサは4位に入った。

ジェームス・バトンは、11番目からスタートし、ポジションアップを狙ったが、オープニング・ラップで小林可夢偉とのクラッシュによってその可能性が消えた。

これで、チャンピオンシップ・ポイントは、ベッテルがアロンソを逆転して215ポイント、アロンソが209ポイント、それ追うライコネンが167ポイント、ハミルトンが153ポイント、ウェーバーが152ポイントとなった。

1. セバスチャン・ベッテル    レッドブル・ルノー
2. マーク・ウェーバー      レッドブル・ルノー
3. フェルナンド・アロンソ    フェラーリ
4. フェリッペ・マッサ      フェラーリ
5. キミ・ライコネン       ロータス・ルノー
6. ニコ・ヒュンケンベルグ    フォース・インディア・メルセデス
7. ロマン・グロージャン     ロータス・ルノー
8. ジャン・エリック・ベルニュー トロ・ロッソ・フェラーリ
9. ダニエル・リカルド      トロ・ロッソ・フェラーリ
10. ルイス・ハミルトン      マクラーレン・メルセデス

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×