アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ

公開 : 2016.05.11 23:50  更新 : 2017.05.29 18:24

スイッチ、インフォテインメント・システム、マテリアルの表面など、インプレッションを左右する部分にも不満点はない。レザー巻きのステアリングやダッシュボード、ドア・カード上部も上質だと感じる。

ただしメルセデス-AMGアウディRSディビジョンのモデルと比べると、やはりチープな感触は否定できない。反面、インフォテインメント・ディスプレイのグラフィックやレスポンスは、現代的で洗練されている。

ステアリング・ホイール上のスターター・ボタンを押すと勢いよくエンジンが目を覚ます。音はたしかに勇ましいが、ソウルフルとはいえない。他メーカーよりはいいが、過去のアルファのV6を思うと、どこか味気ない。

決して悪い音ではないし極めて ‘今風’ のサウンドなのだが、メロディアスやメランコリックというワードが似合わない。M3よりは聴き心地がいいもののC63ほどではない。または6気筒のジャガーXE Sには及ばない。

‘DNAプロ’ と呼ばれるドライブ・モードは、ダイナミック/ナチュラル/アドバンスト・エフィシェンシー/レースから構成される。レースでは電制アシストを一切オフにする仕立てとなっている。

またレース・モードであれば、エンジン、トランスミッション、ステアリング、ブレーキ、リア・ディファレンシャルもサーキット走行向けの設定に切り替わる。可変ダンパーのみ、任意で設定できるようになっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アルファ・ロメオ ジュリアの人気画像

×