メルセデス・ベンツC220dカブリオレAMGライン

公開 : 2016.07.29 05:40  更新 : 2017.05.13 12:49

エンジンはパッとしないが、ライバルのBMWに比べるとパッケージに魅力を感じる。

■どんなクルマ?

CLKはCクラスをベースとするコンバーチブルだった。このページの主役であるCクラスカブリオレも、Cクラスをベースとするコンバーチブルだ。サルーンワゴンクーペとつづいた拡張の最後のモデルである。

Cクラスをベースとするコーンバーチブルのなかで最上位モデルはC63 Sカブリオレと呼ばれるもので、南イタリアでテストした際、計り知れないパフォーマンスと彫刻的な見た目にわれわれは惚れこんだ。

C63 Sと切り離せない関係にあるのが、こちらのクルマ。AMGという文字は ‘AMGライン’ の名称に使われているが、エンジンはラインナップのなかでもっとも小さな2.1ℓツイン・ターボ・ディーゼルを載せている。

最高出力は170ps、最大トルクは40.8kg-m。たいていのシチュエーションでも十分にパワフルであるということはC220dクーペをテストした際にわかっている。9速AT搭載車の場合、燃費は24.4km/ℓを記録した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事