アストン マーティン・バルカン

公開 : 2016.08.16 05:50  更新 : 2017.05.29 18:20

大排気量のV12ならではの荘厳さも備わっている。たったの1360kgという重量のおかげでもあるのだろう。マクラーレンP1やポルシェ918スパイダーに比べるとパワーこそ劣るが、同じくらい速く感じられる。

いや、純潔さは、ほかのどのクルマよりも上かもしれない。電気によるパワー・アシストもないし、ターボ加給も受けない。駆動方式は実にシンプルなFRである。

7750rpmにおいて発生する最高出力、6500rpmで立ち上がる79.5kg-mもの最大トルク。エンジンは突き抜けるように回り、ギアも一瞬で切り替わる。ダウンシフト時のブリッピングも完璧だ。ずっしりと重みのあるブレーキ・ペダルを踏めばあっという間に速度は落ちる。

アジリティに関してはショッキングだとしか言いようがない。ボディが巻きついていくかのように、コーナーを回りこんでいくのである。ステアに対しクイックに反応し、手元にはたっぷりとした情報が伝わってくる。

それでいて直進時は安定している。エアロのおかげで車体がグッと押さえられているのも体感的にわかる。

シルバーストーンを数周走り終えれば、2億を越えるハイパーカーを自在に滑らせられるという自負心に満ちてくる。ヒーローになったような気さえする。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事