アストン マーティン・バルカン

公開 : 2016.08.16 05:50  更新 : 2017.05.29 18:20

ピットに戻ると、たっぷりかいた汗とともに、体はクタクタになっていることに気がつく。あぁレーシングカーに乗っていたんだなと思うと同時に、このクルマの親しみやすさと信頼性の高さに、すでに恋い焦がれていることに誰もがハッとするに違いない。

バルカンは、あなたのマシンであると同時に、あなたのパーソナル・トレーナーとして、まだ見ぬ世界に連れていってくれるだろう。

わたしがこれまでのジャーナリスト生活で乗ったクルマのなかで、バルカンほど心を掻き乱したクルマはない。

いったい、このクルマの上が存在するのだろうか?

■日本版編集部の見立て

AUTOCARのトップ・レポーターであるマット・プライヤーをしても、そこにはただ単純な驚きしか得ることのできないバルカン。マクラーレンP1やラ フェラーリ、ポルシェ918スパイダーよりもパワーは劣るものの、レーシング・プリペアーされたモデルならではの軽量ボディのため、その速さはトップ・レベルにあるようだ。なにせ、注目なのは、モーターによるアシストはもとより、ターボチャージャーを備えないノーマル・アスピレーションのV12ユニットがフロントに搭載され、駆動もシンプルなリア・ホイール・ドライブであるということだ。

僅か24台しか生産されず、すべてソールド・アウトしてしまっているモデルではあるが、間違いなく自動車史にその名を刻まれるべき1台である。


▶ 海外ニュース / 史上最強のNAモデル、アストン・マーティン・バルカン
▶ 海外ニュース / アストン マーティン・バルカンのロード・バージョンを作製
▶ 海外ニュース / アストン・マーティン・バルカンの登場をYouTubeで予告

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事