テスラ・モデルS 60D

公開 : 2016.08.24 05:50  更新 : 2017.05.29 18:47

アップデートしたテスラモデルSは、外観が見直されたうえ、エントリー・グレードとして60kWhのパワートレインが加わった。ほかグレードとの差は?

■どんなクルマ?

テスラにとって、この1年は実に忙しかったことだろう。モデルXと呼ばれるクロスオーバーだけでなく、モデル3という名をさずかった、ひと回り小さいサルーンの投入スキームも現在進行中だからである。

そんななか、モデルSにも改良が施された。グリルはよりスリムになり、ヘッドライトの意匠もモデルXに近づいた。内部も、より洗練された空気のフィルタリング装置や2種のウッド・トリムなどの変更点がある。

英国仕様の価格は、後輪駆動の ‘60’ を選んだ場合、£53,400(704万円)となり、モーターを2機搭載した4WDの ‘60D’ を選ぶと£57,800(762万円)。0-97km/hタイムは前者が5.5秒、後者が5.2秒となる。

そのひとつうえの ‘75’ あるいは ‘75D’ と0-97km/hタイムそのものは変わらないが、75シリーズの場合、航続可能距離が60シリーズよりも長くなる。ちなみに60→75には£7,850(103万円)で更新も可。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×