スズキSX-4 Sクロス1.0

公開 : 2016.09.28 05:40  更新 : 2017.05.29 18:41

■どんな感じ?

第一印象は、‘がっかり’。スターター・ボタンを押すと、3気筒ユニットはガラガラと音を発しながら目覚め、あわせてキャビンも小さく振動する。

ただ、第一印象だけがすべての感想にならないのがSX-4のよいところ。走りだすとスムーズに回り、3気筒らしい音も静かになる。市街地では音が気になることはなく、ディーゼルよりもリラックスして移動できる。

プッシュするにつれて音量は増すものの、パフォーマンスに裏づけされているため腹立たしくはない。 2000rpmより下から5500rpmまでの気持ちよさも、ほかの4気筒に勝る部分。0-100km/hタイム=11.0秒という数値は特に速いものではないが、非力とは感じない。

シャシーに関しては、車高があがり、ダンパーが改められたにもかかわらず、感触は以前とまるで同じだ。スズキのダイナミクスをかつてから好意的に思っていたため、これはこれでまったく問題ない。

ステアリングは手元に伝わる感覚が情報だが、手応えはダイレクト。ボディのコントロールのしやすさは、キャシュカイと同程度である。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事