2018年モデルのフォード・マスタングに10速AT

公開 : 2016.10.04 04:50  更新 : 2017.06.01 00:35

フォード・マスタングは、現在はギアボックスとして6速マニュアルと6速オートマティックが選択可能だが、2018年モデルとしてのフェイスリフトの際には効率的な10速オートマティックがオプションとして用意されることとなった。

この10速オートマティックが、2.3ℓのエコブースト用として用意されるのか、それとも自然吸気のV8ユニット用として用意されるのかは解っていないが、可能性としては2.3ℓエコブーストが6速オートマティックのまま、そしてV8用として10速オートマティックが設定されるのが順当な予想だ。

また、この新しいギアボックスは、当初米国市場向けにリリースされる予定だが、ヨーロッパ仕様にも当然ながら搭載されることになる。

2018年のフェイスリフトでは、エクステリアにも細かな調整がなされることが判っている。まだカモフラージュが深いものの、フロント・グリル、フロント・パンバー、ヘッドランプ、テール・ランプなどはデザインがリフレッシュされる。

詳細は今年11月のロサンゼルス・モーターショーか、来年1月のデトロイト・モーターショーで明らかになるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ