メルセデス-AMG GLC43

公開 : 2016.11.01 05:50  更新 : 2017.05.23 16:34

AMGの手が加わったこのGLCは、目的地まで最短で到達するためのウエポンになったが、快適性や実用性がまるで損なわれていない点がよい。

■どんなクルマ?

AMGの手がけるモデルのエントリー・グレードである「43」シリーズは、われわれテスターのあいだで何かと評判がよくなかった。

たとえば今年のはじめにトライしたSLC43は、たしかに速かったもののAMG特有のアブノーマルさが希薄だったし、C63よりひとつ下のC43エステートもコミュニケーション能力に欠けるステアリングとボディのコントロールのしづらさが不評だったのである。

だから、GLC43をテストするまでも不安だった。

GLC43もまた、3.0ℓV6ツイン・ターボを搭載。9速オートマティック・トランスミッションとリア・バイアスの4WDシステムが動力を伝える。

0-100km/hタイムは5秒を切ることが可能だとメルセデスは主張しており、最高速度は249km/h(ここでリミッターが介入する)に到達するといわれている。

つまり印象が芳しくなかったモデルと共通項が多いのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記