モデル名を新たに、BMW 6シリーズGTがテスト中

公開 : 2016.11.12 04:35  更新 : 2017.06.01 00:34

BMW 6シリーズGTは、5シリーズGTの後継として来年後半に登場すると考えられる。

耐久テストの最中と思われる6シリーズGTのプロトタイプは、5シリーズのサルーンやツーリングとは大きく異なるボディが与えられるようだ。

今回の車両は重いカモフラージュが施されているが、5シリーズと似た顔を持ちつつ、テール周りの処理は明らかに異なっているのが分かる。

この新しい5シリーズ、つまり6シリーズGTは、2017年のフランクフルト・モーターショーでデビューし、2018年に発売される予定だ。

サルーン同様にプラットフォームは7シリーズゆずりのOKLとなり、その結果、ボディ重量も5シリーズ・サルーン比で100kgの削減が期待される。

エンジンは、4気筒のガソリンおよびディーゼルとプラグイン・ハイブリッド版、そして3.0ℓ直6のガソリン及びディーゼルが設定される。

5シリーズの英国での販売台数は、サルーンが15,616台、ツーリングが4.947台出会ったのに対し、GTは僅かに865台とニッチなものであった。これが挽回できるかどうかも、新しいGTに課せられた課題だ。ただし、価格は現行の£38,045(480万円)よりも高くなり、£40,000(505万円)以上と予測される。

関連テーマ