フォード・クーガ・ヴィニャーレ

公開 : 2016.11.18 05:40  更新 : 2017.05.29 18:53

フォードのプレミアム部門における、ディーゼル搭載SUVのトップ・レンジ。ハンドリングはやる気にさせるものがあるが、クルマのデキが真正プレミアムに匹敵するのかどうかが問題である。

■どんなクルマ?

SUV熱冷めやらぬ欧州市場において大きな利益を上げつづけるプレミアム・ブランドに、大衆車の雄たるフォードが放った刺客がクーガ・ヴィニャーレである。

アウディQ3やBMW X1、レンジローバー・イヴォークなどの競合となることを目論んだわけだ。

クーガのマイナー・チェンジに合わせて投入されたそれは、キルト仕上げのレザー・シートや、磨きあげたアルミホイールといったプレミアムな装備を満載。ヴィニャーレ仕様の顧客限定のサービス・プログラムなどでもアピールを図る。確かに魅力的だ。

しかし、冷静な目で見れば、ベースとなるクーガとはメカニズムの面でなんら変わりがないことに気づく。近い将来、モデル刷新の際にヴィニャーレ仕様を設定する場合には、フォードの設計担当もエンジニアも、機械レベルで差別化するべく手を打ってくるに違いない。

だが、今回に限っては、フォード・ヴィニャーレのブランド立ちあげと、車両開発のタイミングがずれてしまったのだから、うわべで取り繕うよりほかなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事