メルセデス・ベンツEクラス・オールテレイン

公開 : 2016.11.18 05:50  更新 : 2017.05.13 12:49

まずはパッセンジャー・シートから、デビューを控えているEクラス・オールテレインを試すことにした。印象はなかなか素晴らしいものとなった。

AUTOCARが、Eクラス・オールテレインを試すのは今回が初めて。

「たんに車高を上げただけではありませんよ」とステアリングを握る男がわたしに語りかける。「‘エア・ボディ・コントロール’ のキャラクターを変えるために、かなりディテールを煮詰めましたし、‘4マティック’ 4WDシステムが、求められているレベルの仕事をするようにもしています」とも。

彼の言葉に注意深く耳を傾けるにつれて、彼自身は個人的な感情を含めてEクラス・オールテレインのアンダーピニングに好意を抱いているようだ。そんな彼は、オールテレインの味つけを「ラグジュアリー・ワゴンと、プレミアム・オフローダーのあいだですね」と説明してくれた。

男の名前は、ヒューバート・ シュナイダーといった。EクラスのみならずGLCやGLSのテスト全体を率いる役職とのことで、当然このクルマのことも隅々まで熟知している。

竹を割ったような気持ちのいい語り口調の彼は、主にシャシー・チューニングに関して教えてくれる。テスト区間は沼のような泥道や大きな岩がゴロゴロと転がっているような場所。車両のどの位置に岩場があるかを教えてくれるモニターの効果も含めてレクチャーを受けることになった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事