マセラティ・レヴァンテ・ディーゼル

公開 : 2016.11.21 05:40  更新 : 2017.05.29 19:12

活発に走らせたところで、面白みは感じられない。グリップは十分で、前後の駆動力配分もさらりとやってのけるのだが、ディーゼル仕様では、明確な後輪の駆動感や、F-PACEやマカンのように、気分を駆り立てられるものはなく、気まぐれなステアリングは、信頼して路上に出ることを難しくしている。

■「買い」か?

パワフルで高価なSUVは現在、ファミリーカーとしてのニーズが急成長しており、ビジネス的に大きな意味を持つカテゴリーとなっている。そして、そこには動力性能に加え、静粛性、快適性、安定性も、顧客への訴求ポイントとなる。

その3つの要素をレヴァンテは備えているが、試乗した限りでは、ライバルを打ち負かすほどのレベルには至っていない印象だ。

おそらくディーゼルより、多少は軽く、サウンドもよく、しかも速いガソリン仕様の方が、よりよいものになっているだろう。高級SUVとしても、マセラティのプロダクトとしても。

ただ、このクラスでマセラティのエンブレムを掲げる以上、力強さに欠くというのは問題だ。レヴァンテが挑むべき相手は概して、直線スピードの速さといったパフォーマンス的要素で称賛を受けているのだから。

■日本版編集部の見立て

少し前では考えられないほど多くのブランドが参入してきたミッドサイズSUV。その中で輝きを見せるには「マセラティ」というブランド・ネームだけでは些か心許ない。しかもディーゼル・モデルとなれば、何か決定的な魅力が欲しいというのが現実的な見解だ。


マセラティ・レヴァンテ・ディーゼル

価格 £54,335(744万円)
全長×全幅×全高 5000×1985×1680mm
最高速度 230km/h
0-100km/h加速 6.9秒
燃費 13.9km/ℓ
CO2排出量 189g/km
乾燥重量 2205kg
エンジン V型6気筒2993ccターボ・ディーゼル
最高出力 275ps/4000rpm
最大トルク 61.2kg-m/2000-2600rpm
ギアボックス 8速オートマティック


▶ 海外初試乗 / ポルシェ・カイエンSディーゼル
▶ 国内初試乗 / ジャガーF-PACE

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事