ホンダ・クラリティのEVおよびPHEVをニューヨーク・モーターショーで発表

2017.03.09


FCVのクラリティと同じボディを持つEVおよびPHEVモデルが、4月12日から開催されるニューヨーク・モーターショーで発表される。同一ボディでFCV、EV、PHEVをラインナップに揃えるのは世界初ということだ。

2030年までに3分の2をPHEV、ハイブリッド、EV、FCVに

その詳細は明らかでないが、クラリティ・フューエル・セルと共通のプラットフォームとボディ・スタイルに、EVとPHEVのパワートレインを搭載したモデルになると思われる。

クラリティ・フューエル・セルだけでは、その莫大な開発費のもとがとれないため、他のパワートレインを積むことで、プラットフォームやボディの開発コストを分散させるのが目的? とも思えてしまうが、これは考えすぎだろうか。

ホンダは、2030年に向けて「四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV、バッテリーEVなどのゼロ・エミッション・ビークルに置き換える」という目標を掲げている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事