フェラーリGTC4ルッソ「T」 3.8ℓV8ターボとFRは正解だったのか?

公開 : 2017.03.23 19:30  更新 : 2017.05.29 18:52

V12ではなく、V8ターボのGTC4ルッソ「T」。おとなしく、たんに良いクルマになったのでしょうか? それとも「じゃじゃ馬」? 気になる「ターボ・ラグ」のキーワードにも真正面から触れます。

■どんなクルマ?

フェラーリGTC4ルッソ「T」は、フェイスリフトを受けたフェラーリFF、改めGTC Lussoに3.8ℓのターボ・エンジンを搭載し、価格を抑え、シンプルな装備を施したもの。

フェラーリがひとつの車種に、エンジンの選択肢を与えたのは、カタログ・モデルではこれが初めて。

(若干)お求めやすくなったルッソ「T」は、エンジンが12気筒から8気筒になり、駆動方式が4輪駆動から後輪駆動に、そして、出力が89ps低くなっている。

一方で、得たものは、ツイン・ターボとインタークーラー、55kgの軽量化に貢献したといわれる取り回しの見直し。

さらに操る楽しみが期待できそうな、V12モデルの47:53に対して46:54となる重量配分、3000〜5250rpmの幅広い回転域で発揮される、6.5kg-m向上した77.6kg-mのピーク・トルクである。加えて、燃費が32%向上し、排出ガスにいたっては350g/kmから265g/kmへと大幅に低下している。

価格は£199,285(2,794万円)。しかし、燦々とした太陽の光を取り入れるパノラミック・ルーフや同乗者を退屈させない為のパッセンジャー・ディスプレイ、数え切れない種類のカーボンファイバー・パーツなどを含む、豊富なオプション・リストに沿って仕様を決めていくとその限りではない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事