中村史郎が日産のデザイナーを退職 英国編集部、最後のインタビュー

公開 : 2017.03.25 09:00  更新 : 2017.06.01 00:26

日産のデザイナー、中村史郎氏が日産のデザイナーを退きます。短い時間ではありましたが、かねてからインタビューを担当していた英国版AUTOCAR編集部のマーク・ティショーが「最後のひとこと」を聞きだすことができました。

中村史郎デザイナー、最後にひとつ聞かせてください

日産のデザイン・チーフとしては最後となる今回のインタビュー。

次世代のデュアリス、ジューク、リーフといった、われわれが次を待ちわびているクルマたちというのは、将来的には電気自動車としてのラインナップを拡充して発売されるのかもしれない。伝統のZブランドや、GT-Rでさえもだ。

われわれはそんな情報を得ているし、それらが正式に公開されるのもそう遠くはない未来の話だろう。

今回のインタビューは、かなりフランクなものだったと思う。言うまでもなく日本企業へのインタビューで、フランクな状態というのは稀。ましてや、秘密裏に「古さ」をまとい伝統を身につける、という販売のやり方をとる日本の企業の権力者ともなるとなおさらだ。

今回は30分というインタビューではあったが、実に実りの多いものであった。


関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事