「ちょっとだけ変わった」2018年型ジャガーF-タイプSVR どこが違う? 4WDは楽しい?

2017.03.29

サマリー

2017年モデルのジャガーF-タイプSVR。さて、どこが変わったのでしょう? 4WDだけれど楽しいかどうかも気になります。

■どんなクルマ?

日本仕様は全6モデル どこが変わった?

一見してそうは見えないけれども、このクルマは、小変更を受けた2018年型のジャガーF-タイプSVRなのだ。

ちなみに現在、日本国内におけるF-タイプのクーペ仕様は
・F-タイプ(標準)
・F-タイプS
・F-タイプR
・F-タイプR AWD
・F-タイプSVR
・F-タイプ・ブリティッシュ・デザイン・エディション(限定20台)

というラインナップである。

変更点は、フロントのデイライトを伴った新しいLEDライトとバンパー。あとはリアのライトもLEDである。

キャビンに目をやると、新たに追加された室内トリムにマグネシウムのフレームを採用して8kg以上の軽量化を果たした軽量シートが新鮮だ。

ジャガーのインフォテインメント・システムである、「InControl(インコントロール)タッチ・プロ」もさらに機能が充実し、そのグラフィックもシャープになった。

あなたがサーキット走行を楽しむ向きなら、対応するGoProを使って、スピードやエンジン回転数、そしてGフォース等のログ・データを動画に取り込むアプリも用意されている。

酒場で自慢話に花を咲かせるにはもってこいのネタである。(もちろん飲酒運転は禁止ですよ!)

 
最新試乗記

人気記事