ルノーRS 2027 「10年後のF1」示唆 ハイブリッドや自動運転も採用 上海

公開 : 2017.04.19 12:51  更新 : 2017.12.14 12:30

上海モーターショーで発表されたルノーRS 2027は「10年後のモータースポーツ・シーンが、どうなるか?」を指し示すコンセプトです。

F1の走行時間は短くなる? ハイブリッドを採用

ハイブリッド・パワートレインは、1360psを発揮する。ちなみに車重は600kgだから、パワー・ウエイト・レシオは2267ps/トンにおよぶ。

内燃機関はV6ターボチャージャーを使用。回生エネルギー・システムを積極的に採用することで、こんにちのシステムの4倍のアウトプットが可能だとルノーは言う。

パワーは4輪に伝わり、電力のみで走ることもできる。たとえばピット・レーンやセーフティカーが先導する場合などに使えるようだ。

将来的に、レース時間は短くなるとルノーは考えており、今のF1マシンが105kgの燃料を取り込むことができるのに対し、RS 2027は60kgに留まっている。


 

人気記事