韓国サンヨンのSUV「チボリ」 買わぬが仏? 辛口評価に要注意

公開 : 2017.05.10 09:00  更新 : 2021.03.05 21:35

■どんな感じ?

許せる点は「安さだけ」

価格の割には魅力的かもしれないが、精密さや楽しさとは無縁、というのがチボリのこれまでの総評だ。今回、メカニズム的には何の手も入っていないので、そこの評価に変化はない。

最上位グレードのELXには、ナビゲーション・システムや前後駐車センサー、オート作動のライトとワイパーが備わり、それでも価格は競合車を下回るが、もちろん価格なりの部分は多い。

ダッシュボードは硬いプラスティックが剥き出しで、スイッチ類は安っぽく、インフォテイメント・システムの反応は遅い。

それらを許容できるとしたら、その理由は何度も言うが安さだけだ。そういえば、今回の改良でステアリング・コラムの調整が、チルトだけでなくテレスコピックも加わっている。

もうひとつ、評価すべき点を挙げるとしたら、室内の広さだろう。日産ジュークシトロエンC4カクタスと競合するクラスとしては、キャビンのスペースは十分だし、荷室容量は最大級だ。ファミリーの日々の足としては、満足できるサイズだといえる。

とはいうものの、走りはからっきしだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×