7台のアバルトに乗る

公開 : 2017.06.04 11:40  更新 : 2017.06.04 12:35

WRCで活躍した131アバルト・ストラダーレ

69年にランチアを買収していたフィアットは、ストラトスをWRCから引きずり下ろすことを決断する。誰の目にも疑いなく魅力的なストラトスだが、高価なエキゾチックカーであり、他の惑星からやって来たかのようにさえ見える。大衆向けのクルマをベースとしたラリーカーでWRCに勝つことこそが、フィアットの念願だった。

131アバルトはラリーの成功をフィアットにもたらした。


アバルトのコルソ・マルケ工場は、進めていた2ℓのX1/9プロトティーポの企画を脇に追いやり、トラディショナルなFRレイアウトの131の開発に集中。生産はカロッツェリア・ベルトーネで始まり、1年をかけて406台を送り出した。ちなみに完成車の価格はベースの131の3倍もしたという。

2ドアのボディはベルトーネのグルリアスコ工場で改造され、塗装され、内装が施された。車重は980kgにまでダイエットしている。路上に佇む131アバルトは、いかにも荒々しい。124スパイダーが旧き佳き時代を思い出させるデザインだとすれば、131のシルエットはまさに70年代的だ。大きく張り出したホイールアーチ、さまざまなエア・インテークやスクープ、スポイラーが風を切って走る力強さを醸し出す。

インテリアは比較的落ち着いた雰囲気。


加速時にお尻が下がるスタンスも70年代を彷彿とさせるもの。2ℓのエンジンは124にあったDOHC 16バルブの進化型だが、奇妙なことにアバルトはあえてウェーバー製34ADFのシングル・キャブレターを選択した。よく回る反面、トルクはあまり力強くはない。それでも140psを発揮し、0-60mph(0-97km/h)加速を8.2秒でカバーする。5速MTのシフトは最高に楽しい経験だ。

124ベースのエンジンにシングルキャブを装着。


サスペンションは124アバルトの4輪独立をベースに開発したものだが、重量配分がずっと良くなったように感じる。「素晴らしいバランスの持ち主だよ」とキャッスルミラー。ハードに攻めても4輪がしっかりと路面を捉え続け、ラック&ピニオンのステアリングはあらゆるニュアンスを伝えてくれる。「パワースライドも、フル・カウンターステアも楽しめる。ドリフトしやすさはフォード・エスコートにも負けない」

ヘッドランプは外側が内側より小さいタイプ。


ラリー用のグループ4マシンは、クーゲルフィッシャー製の燃料噴射を備えて233psにパワーアップ。当初はそのハンドリングの良さを活かしてターマックを得意としたが、後には路面を問わずに活躍した。初年度の76年は欧州選手権のエルバ・ラリーとWRCの1000湖ラリーで優勝。しかしこれは翌年から始まるWRC3連覇の序章にすぎなかった。

131アバルト・ストラダーレ

生産期間 1976年
生産台数 406台
エンジン形式 オールアロイ 水冷DOHC1995cc
エンジン配置 フロント縦置き
駆動方式 後輪駆動
最高出力 140ps/6400rpm
最大トルク 18.4kg-m/3800rpm
変速機 5段M/T
サスペンション マクファーソンストラット
ステアリング ラック&ピニオン
ブレーキ ディスク
車両重量 980kg
0-97km/h 8.2秒
最高速度 189km/h
現在中古車価格 640万円から


関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事